yakushima kinoko

手作りアクセサリー樹之香

商品名・・・千年を超える想い

985 views

    屋久島の1番2番を争うインスタ映えポイント、ウイルソン株。あるところから空を見上げるとあら不思議、頭上に大きなハートが一杯広がります。ウイルソン株で画像検索したら沢山でてきます。
    そんなこともあって屋久島のお土産屋さんにはたくさんのハートの関連商品が売られています。
    私の店では小さなものがほとんどなのですが、以前からもっと大きなものがほしいとか、飾っておくだけでもいいから大きなのが欲しいというリクエストが後を絶えませんでした。
    しかしハートというのは以前にも書いたのですが平面ではなく立体で表現すると、厚さと縦横比や扁平率など取り組んでみると一筋縄ではいかない難しさがあります。先端のとがり具合や角度、中央のくぼみの深さや角度などなど。本当に正解のないクイズと同じです。自分ではかっこいいと思っていても他者からはカッコ悪いと評価され、その反対もあって、本当に不思議な現象が起きるものです。
    先端と切れ込みがシャープなものが私自身は好みです。昔先端を丸くして切れ込みを浅く丸くしたハートを作った時に、これは枝豆ですかと聞かれたことがあって、たしかにそれっぽい感じはしたのですが、枝豆のピアスをするおしゃれ女子はいないと思うのですが・・・ショックを受けたことがあります。
    さて今回のハートは大小様々、いくつか作ってます。11~12日の東京ビックサイト、Handmade Japan Fes2020にいくつかお持ちします。気になる方はミニブースC-156をチェックください。オーダーもお引き受けします。2019年のBASE blogからの転載です。


    Blog Writer

    y-kinoko
    代表の清田治樹です。屋久島ガイド樹之香の屋号を掲げながら、年間70日~100日ほど白谷雲水峡やヤクスギランドなどを案内しています。その傍ら屋久杉の手作りアクセサリーの店を営んでいます。
    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Pinterest
    Feedly
    Send to LINE